吹き出物と内臓の関係

「肌は内臓の鏡」という言葉がありますが、まさに内臓の不調は肌トラブルとして現れます。

特に大人になってからの吹き出物はこうした内臓機能の低下が考えられます。
思春期と比べて皮脂の分泌も落ち着き、毎日しっかりとスキンケアを行っているにもかかわらず出てくる吹き出物。
原因がこれといって思い浮かばないことも多く、なかなか解消できない人も多いものです。
しかし、こうした原因が分からない吹き出物には内臓の機能低下が根本としてあるようです。

このようなタイプの吹き出物を改善するには、内臓との関係を把握しておく必要があります。
例えば額だと胃腸との関係が考えられます。
皮脂の分泌量の少ない目の周りやこめかみなどは内臓による影響が強く、肝臓と腎臓の不調によって吹き出物ができやすい特徴があります。

このように皮脂の分泌に寄る毛穴の詰まりだけではなく、肺や大腸の不調によっても吹き出物は引き起こされます。
口の周りも内臓との関連が密接と言われています。>

吹き出物の場所で内蔵機能の低下を把握する

口の周りの吹き出物は胃腸との関わりが深いとされています。
大人の吹き出物の代表格的な場所でもあり、ホルモンバランスとの関連も密接です。

このように、吹き出物と内臓の関わりは場所ごとに異なってきます。
内臓の不調は自分ではなかなか気づかないものですが、こうした吹き出物の場所で内蔵機能が低下していることが分かります。
そう考えると、吹き出物は内蔵機能低下のシグナルであるとも言えます。

内蔵機能の低下がなぜ吹き出物につながるのでしょう?
こうした臓器機能が低下すると、本来排出すべき毒素を溜め込む結果となります。
そうした毒素が身体をめぐって吹き出物として現れ、肌荒れを起こすきっかけとなり得るわけです。
最近流行のデトックスなどは、内臓に溜まった毒素や老廃物を排出することができるため、吹き出物の治療に効果があるようです。

新陳代謝が活発になれば、肌の再生も改善されます。
こうした吹き出物の対策には内臓との関連もしっかりと把握することが重要と言えるでしょう。


ページトップへ

フッターメニュー

Copyright © http://pimple.xrea.jp/ All Rights Reserved.